無料オンラインセミナー開催中。お急ぎください。

橋本経営事務所 印刷会社

橋本経営事務所 橋本

橋本経営事務所 印刷会社

コンサルタントのご紹介

橋本経営事務所 代表 橋本 嵩史

  • ・三重県に本店を持つ地方銀行勤務(支店業務、外交業務、個人・法人担当)
  • ・大阪市内の経営コンサルタント会社2社の勤務
    (営業戦略、営業指導、事業戦略、経営者塾、研修講師担当)
  • ・銀行とコンサルタント会社での勤務の経験を活かし、事務所設立。
橋本経営事務所

元銀行マンの経営・マーケティングコンサルタント。中小企業に特化。
売上改善に関して、“売れる仕組み作り”や、”新たなビジネスモデル”を開発することで、根本的に改革していくことを得意とする。
社長のサポート、社内環境の改善等、社員一人ひとりと向き合う「協働型コンサルティング」を提供。コンサル実績120社以上、セミナー講師150回以上。
印刷業のコンサルティング実績多数あり。

経済産業省発表、2019年工業統計で印刷・同業関連出荷額は、前年比5%以上の大幅減、4兆9829億円▲。
印刷市場は約20年前のピーク時に比べ、約45%縮小

印刷会社の
なかなか解決されない課題、、

  • 昔からの仕事が減った。
  • コロナの影響でオンライン化に拍車、、今後が不安。
  • 人員削減、泣く泣く設備も手放した…
  • 年商10億→5億に。深刻な売上ダウン、、、
20年前のピーク時から約45%の縮小

安さを売りにした同業他社の影響で単価も下落の一方。
それも当然です。商品に大差がなければ、顧客も「安い方」を選ぶほかありません。
安い商品で利益を出すには多くの仕事を獲得しなければならない。
それなのに新規開拓は進まず、営業マンは一日の大半を既存先との取り次ぎに費やしています。

“強みがなければ生き残れない”

ということは、ビジネスを学んだ経営者なら知っているはずです。

先が見えない…

この先、印刷会社が行き残るために

これまでに実施した売上げUPサポートの中で、より効果的な解決方法を集約したコンサルティングプログラムを提供。
複数の印刷会社で結果を出し、効果は実証済みです。

顧客の最も強いニーズとは?

ご存じですか?
「顧客が印刷会社に求めていること」とは?

「2021年版!クライアント企業の発注担当者“500人”に聞いたいま印刷会社に求める姿とは!?」

リコージャパン(株)が「お客様が印刷会社に求めていること」について行った調査では、よくお客様より求められる3つの要素、「品質」「コスト」「販促効果」のうち、どれが本当に一番求められているのか、について聞いたところ、圧倒的大差で「販促効果」が最も求められている、という結果になりました。

クライアントが紙の販促物に求める優先順位は?

リコージャパン(株)調査

印刷会社様がよくクライアント企業より求められる3つの要素

  • ・品質
  • ・コスト
  • ・販促効果

どれが本当に求められているのか。

多くのクライアント企業にとって、「コスト」「品質」より、「この印刷物はどんな効果を生むのか」ということが一番の関心事になっています。
印刷会社がクライアント企業とこれからも良好な関係を築くためには、「印刷物の質」「安さ」だけではなく、「顧客の求める販促効果にどう応えるか」を考えなければならないと思われます。

とまとめられています。

クライアントにとっては、「コスト」や「品質」よりも、「この印刷物はどんな効果を生むのか」ということが一番の関心事。

つまり、「販促に強い会社」になることが、印刷会社が他社との差別化を図り、これからも稼ぎ続けるために取るべき最良の選択であると言えます。

あなたがチラシを作るなら、どちらの会社に頼みますか?

印刷会社の課題を6ヶ月で解決販促支援業コンサルティングについて詳しく

戦略 × 営業力UP 販促支援業の確立

売上アップに欠かせない2本柱、 「戦略」の確立と、「営業力」を強化。

御用聞きスタイルから脱却し、
販促支援業にシフトするために
必要なステップを網羅しています。

販促支援業とは

「印刷物を作る」のではなく「成果の上がる印刷物」を作り、顧客の販売促進を支援するという立ち位置に立つビジネスモデル。

従来、チラシなどの制作は「デザイン」という作業で、成果(効果)については相手(顧客)任せだった。
そこにマーケティングという「モノを売るためのノウハウ」を取り入れると、販促品の成果を高めることができる。

それによって、印刷屋さんでなく、販促支援会社になる。
顧客がもっとも求めるモノを提供する印刷会社になることで、他社との差別化が図れ、新規客の獲得、価格競争からの脱却が図れる。

また、チラシなど販促品単体だけでなく、チラシ→HP→パンフレットなど集客の流れの最適化を提案することで複数の案件の受注が可能になる。

「設備」、「安さ」、「対応の良さ」ではもう差別化できない、「顧客が一番求めていること」を提供できる会社になることで、選ばれる会社になる。

販促支援業のメリット

他社と差別化

マーケティングノウハウのある印刷会社はごくわずか。顧客からの見え方が変わり、他社との差別化ができます。

無理なく新規開拓

顧客に響く提案×営業力アップで新規営業のハードルが下がり、成果が上がることで新規営業の習慣化ができます。

価格競争脱却

「ここでしか買えないもの」だから安売りしなくても売れます。また、販売戦略の提案で継続受注や複数案件の獲得ができるようになります。

成功事例

実施事例①

お客が集まるチラシ作ります。

〈バックグラウンド〉

  • 大阪市内の印刷会社、業歴50年大手デパートとも取引あり。
  • 品質、顧客対応力は高いが、これといった「ウリ」がない。
  • 根本的なビジネスモデルの転換が必要。

〈実施策〉

  • 「お客さんが集まる“チラシ”を作ります。」
  • 効果の高い販促品が作れるという点をウリとして営業。
  • 会社から半径2km以内に絞ってポスティング、既存先、冬眠客にアプローチ

〈売上への貢献〉
初回約150件にアプローチ、ポスティングで2社、既存先3社から案件受注

〈ポイント〉

  • 「商品」があることで営業がやりやすい。
  • 提案する商品を絞り込むことで相手も検討しやすい。
  • その会社に依頼する「理由」がある。

実施事例②

店舗の販促承ります。

〈バックグラウンド〉

  • 三重県で業歴60年、自治体、地元企業と取引がある「名の知れた会社」
  • PCの普及、ネット格安業者が台頭し、仕事の量が減り始める、、
  • 設備を手放し企画力をウリにしたが、、、

〈実施策〉

  • 自社でフリーペーパーを発行し、そこに集客効果の高い記事広告を掲載
  • 顧客の販促・集客をサポートする

〈売上への貢献〉
開始翌月より毎月5件以上の新規先を獲得。

〈ポイント〉

  • 店舗オーナーにとって集客は永遠の課題
  • 「集客の仕組み」を作り、売る。
  • 「うちで作らせてください」× 「集客の仕組みあります」〇

実施事例③

業界特化支援

〈バックグラウンド〉

  • 愛知県の印刷街会社「なんでもできるけど、これといった強みがない」
  • 有名コンサルタント会社を導入、成果出ず

〈実施策〉

  • 「なんでもやります」ではなく、「○〇業界に強い」というポジショニング
  • 飲食業界に特化し、「お店の販促をワンストップでサポートします」

〈売上への貢献〉
営業2か月で4件の新規客を獲得。うち2件にHPの全面リニューアル提案→受注。

〈ポイント〉

  • 集客に関することを一か所で任せられる。
  • 「売るノウハウ」を持っている。
  • 継続的に依頼できる。

難しいと思ってませんか?

でもどうすれば・・・
肝心のノウハウがない・・・
ウチでもできるか・・・
と思ってませんか?

どこもやっていない新たなビジネスモデルといっても大きく変える必要はありません。必要なものはたった1つ。
お持ちの印刷会社のスキルに「販促ノウハウ」を加えるだけです。

設備の導入、人材の確保、組織変革などの大きな負担をかけずに、顧客に強く響く武器を持てる、これが販促支援業モデルのメリットです。

 

何をすれば・・・

「売るノウハウ」を持つ(マーケティングのスキル)

 

求められるのは・・・

「成果についてはわかりません」 ×
「成果を高めるノウハウを日々高めています」 〇

 

目的は1つ

「新規客を取るため」 ・・・つまり、「これからも存続するため」

お客様の声

3ヶ月目で6件の新規問い合わせ獲得!

大阪で印刷会社を経営しています。
昨今、縮小傾向の印刷業において、従来の御用聞き型では生き残りが困難。
止まったら終わり!の精神で弊社はこれまでに、複数の新事業を展開。常にチャレンジをし続けてきました。

止まったら終わり!チャレンジ精神

大阪の印刷会社 社長 石川様

橋本先生とは、小規模事業者持続化補助金のサポートを依頼したのが知り合ったきっかけ。
その中で、コンサルティングを契約したのは、営業育成プログラムを魅力に感じたこと。印刷会社が売上げアップを目指すには営業力強化が欠かせないからです。
また、有名コンサル会社に比べ価格がリーズナブル。月3回も来てくれ、対応も手厚い!(他社は月1回)

先生自身、営業、コンサル業と経験豊富。飛び込み営業の経験もあって現場に強いのがいいね。
なのに、他のコンサルタントみたいに難しい言葉を使わず偉そうでなくて。
元銀行マンというのも「ホンマに?」という感じ、イイ意味でね。社員も接しやすいようです。

橋本先生にサポートいただいた新規サービスも開始後、
早くも3ヶ月目で6件の新規問い合わせを獲得できました。
でもまだまだ売上アップを期待しています。
これから戦略の実践段階に入り、更なる業績向上を目指します!

他にも嬉しい声が届いています!

印刷会社実績1

毎月新規5件コンスタントに獲得
毎月新規5件コンスタントに獲得

自社メディアを製作。それを入り口にカタログ等の新規案件を毎月5件コンスタントに獲得!

印刷会社実績2

たった2ヶ月で4件の新規獲得
たった2ヶ月で4件の新規獲得

業種に特化し新たな販促プランを確立。
2ヶ月で4件の新規獲得!

印刷会社実績3

新規営業の仕組みができた
新規営業の仕組みができた

御用聞き営業マンが新規獲得できた。また、営業会議では意見が出るようになった。

印刷会社実績4

社内の活気が出た
社内の活気が出た

人材育成プログラムにより、社内・部内に変化が起きた。

※個々の成果であって、効果を保証するものではありません。

いろいろやったが
うまくいかない方へ

「有名なコンサル会社で成果がでなかった」というケースがありますが、多くのコンサル会社は、「手法」の提供が中心で「売るための根本的な部分」に取り組んでないことが多く、それが成果が出ない最大の原因です。

あなたも「流行りの手法」を導入したけどうまくいかなかった経験はありませんか? 今なら「オンライン化」や「Youtube」等、、

いろいろやったがうまくいかない方へ

もし、このような手法を得ても、商品やビジネスの中身が変わらなければ結局は売れません。「手法追求型」はコンサルタントに依存して永続的に手法を買い続けるが肝心の成果は上がらないというサイクルを招きます。

仕組みを作り「稼ぐ」

もちろん優れた手法は必要ですが、それだけでは十分ではありません。 本当に必要なのは“売れる仕組み作りに根本から取り組むこと”。 根本から取り組めば、自力で「稼ぐ」力がつきます。経営的に見れば、一時売上を上げることより、売れ続けるための根本的改革が重要だとご理解いただけると思います。

「根本原理」を踏まえできたビジネスモデルは「売り込まずに売れる事業」。橋本経営事務所は売上向上のために会社の根本的改善からから取り組むことで、本気で悩む経営者様の右腕となりたい。そう真剣に考えています。

戦略から取り組むことで成果が出やすく!

道は2つです。
あなたはどちらを選びますか?

このまま行動しない? それとも”改革”のために行動する?

将来のために、
改革をおこす気持ちはありますか?
気になった方、
今すぐ無料オンラインセミナーにお申し込みください。↓↓↓

販促支援業モデル無料オンラインセミナー

印刷業のこれからのビジネスモデル「販促支援業モデル」について、ポイントと成功事例、立ち上げ方についてわかりやすく説明いたします。

(第一部)販促支援モデルの概要

売るための原則

  • 印刷業の現状とこれからの経営環境
  • WEBマーケテイングが成功しないわけ
  • 売り上げを上げるのに絶対に必要な条件
  • 今の時代に確実に成果を上げる2つの方向性
  • 今儲けている会社の成功事例紹介

販促支援業モデルについて

  • 顧客が印刷会社に求めていることとは?
  • 新規開拓を成功させる6つの原則
  • 販促支援モデルとは
  • 販促支援業のポイントメリット
  • 販促支援モデルの成功パターン例3
  • すぐに使える販促ノウハウの紹介

販促支援業の立ち上げ方

  • 販促支援業モデルの構築ステップ
  • 各行程について説明
  • 成功のポイント

(第二部)販促支援業立ち上げサポートについて

  • コンサルティングサービスの説明
  • 質疑応答

セミナーの形式

オンライン形式

所要時間 約90分
日程 ご希望の日程を選んでいただけます

※終了後、無料相談会を随時開催

参加特典

①コンサルタントが使う「販促効果を高める20のテクニック」

チラシ、広告、Webサイトなどで使える「販促効果を高める20のノウハウ」をまとめたものです。
同じ商品でも売り方次第で成果が違ってきます。
一般に出回っているデザイン面の工夫とは違う、マーケティングコンサルタントが活用している「成果に直結するノウハウ」です。
販促支援業モデルの実践で使える、価値ある内容です。

 

②宣伝商品の訴求ポイントを洗い出すマーケティングシート

チラシの効果は「どう表現するか」よりも「何を載せるか」が重要になります。
宣伝する商品について「読み手に刺さる要素」を洗い出し、効果の高い販促物を制作できるフォーマットを提供します。誰でも使えます。

この機会をお見逃しなく、ぜひ新たな扉を開いてください。

無料オンラインセミナー開催中。
お急ぎください。

\ヒミツが知りたい方/

オンラインセミナーお申込み受付中

成功事例付き。一度繋がれば仕事は取り放題!
これからの印刷会社に必要なビジネスモデルのヒミツをお教えします!

会社名 必須
お名前 必須
メールアドレス 必須
希望日
7月19日(火)14:00~
7月22日(金)14:00~
8月2日(火)14:00~
8月5日(金)14:00~

詳しく知りたい方、ご相談希望

まずは無料面談を
お申し込みください

無料面談はオンライン(zoom)、
対面のどちらかご選択いただけます。
また、「自社に有効か?」「詳しく話を聞きたい」など、
どのようなことでもお気軽にお問合せください。
> プライバシーポリシー

会社名 必須
担当者名 必須
役職
会社所在地
メールアドレス 必須
電話番号 必須
面談方法
オンライン(zoom) 対面
ご質問・ご相談など 必須

無料オンライン(zoom)相談ご利用の手順

① フォームから
お問い合わせ
上記相談フォームよりご相談内容をご記入の上お問い合わせください。 日程の候補を返信いたします。
② zoom環境ご準備
オンライン相談の日程までに
zoom環境のご準備をお願いいたします。
> zoomご登録はこちら
③ オンライン相談当日
ミーティング参加用のURLを事前にメールでご送付いたします。記載のURLをクリックいただくとご参加いただけます。

「販促支援業モデル」紹介動画